犬の十戒


1  私は10年から15年しか生きることができません。
   だから常にあなたから離れたくないのです。

2  あなたが私に望んでいる事をゆっくり理解させてください。

3  私を信頼してください。それが私にとって一番幸せなことなのです。

4  ずっと私に腹を立てていたり、罰として閉じ込めたりしないでください。
   あなたには仕事があります。お友達もいます。楽しいことがたくさんあります。
   でも私にはあなたしかいないのです。あなたがすべてなのです。

5  私に話しかけてください。たとえ言葉は理解できなくても、
   あなたの声で私はあなたの言いたい事が理解できるのです。

6  注意深く私に接して下さい。  
   あなたが私にした事を覚えているのです。
   誉めてもらったこともひどく叱られたことも・・・

7  私を殴りつけたりする前に思い出してください。
   私はあなたの手の骨を噛み砕くこともできるけど、
   それでも私はあなたを傷つけたりしないということを・・・

8  私があなたの言うことをきかない、あるいはダラダラしているといって
   叱る前に何か原因があるのではないかと考えてみてください。
   食餌を与えてもらっていないのかもしれません。
   ひなたで長時間置きっぱなしにされていたのかもしれません。
   年をとり体が弱ってきているのかもしれません。

9  私が年老いても面倒をみてください。
   あなたと同じように私も年をとるのです。

10 私が死を迎えようとしている時にも一緒にいてください。
   一人にしないでください。「見ていられない」とか
   「私のいない時に逝かせてやって」なんて
   決して言わないでください。あなたがいてくれるなら
   私はとても安心して全てを受け入れられるのです。

   忘れないでください。あなたを愛しているっていうことを・・・

                                      
Translation by K. Crystal


訳文の無断転載及び引用はお断りいたします